地震対処

震度5以上
幹部

① 当日

・安否確認(資料1現組織通りの伝達経路

・被害状況の確認(資料2:確認事項

・営業面でのジャッジ(資料3:店舗別ジャッジ

② 翌日以降

・対策本部の立ち上げ(資料4:組織と役割

③ 中長期

・財務シミュレーション

・商品開発室(仕込関係etc)

資料1

〈 伝達経路 〉

店長→​SV→営業部長→幹部共有

 
資料2

〈 状況確認事項 〉

❶ 人命・ケガについて

❷ 被害状況について(建物・店・周辺)

​❸ 確認・質問あれば(現場がGM(SF)に)

 
資料3

〈 その他 〉

・店舗備蓄の活用(米・パスタ・他食材)

・避難場所

​・商業施設の判断

〈一時避難場所〉

 大きな揺れの後一時的に非難する場所

〈広域避難場所〉

 大規模な非難が必要な場合でも広くて安全な場所

〈避難施設〉

 宿泊、食事等の仮の生活ができる避難所

 
資料4

〈 組閣 〉

伝達・収集係
管理本部

現場・対策本部との情報収集伝達

財務
管理本部

財務シュミレーション、消滅項目、銀行、家賃

商品関係
店舗開発室

仕入れ・在庫・業者関係

震災情報
店舗開発室

震災に関する情報収集、店舗損傷状況、保険対応など